革靴にアルコールをかけた時は無理をせずにプロに染み抜き依頼を

アルコール,イメージ

新型コロナの感染拡大に伴って、革靴にアルコールをかけてしまう方が増えました。
アルコールは、水や油とはまったく異なる性質を持つので、革製品にかかった時は適切な処置が必要になります。
ここでは、革靴にアルコールをかけた時の対処法、やってはいけないことなどについて説明していきます。

革製品とアルコールは相性が最悪

worst,イメージ

革靴にはアルコールを付着させないようにしてください。
手指をアルコール消毒すると、皮膚が乾燥するでしょう。
アルコールには脱脂作用があるので、油分を奪ってしまうのです。
これは革靴に関しても言えることで、革に含まれる本来の油分、革クリームなどの油分が除去されてしまいます。
すると、その部分だけ色が薄くなり、目立ってしまうのです。
単なる汚れであれば洗えば落とせますが、色が抜けてしまった場合はそれができません。
革靴を使用している方は、くれぐれもアルコールが付着しないようにしてください。
飲用のお酒程度ならあまり問題ありませんが、手指消毒用のアルコールは厳禁です。

靴の汚れ落としにアルコールは使えません

アルコールには汚れを落とす働きがあります。
そこで、アルコール消毒液を革靴に付けて擦るという方がいますが、これは絶対に避けてください。
アルコールは物質を変質させる働きがあるからです。
革靴の染料も落ちてしまうので、色褪せたようになります。
遠くから見てもはっきりわかるほど色落ちするので、店舗の出入口でアルコール消毒をするような状況では注意してください。
スプレータイプの消毒液でも噴射液が飛んでしまう可能性があります。
アルコールは極めて揮発性が高く、付着してから落としても遅いです。
すぐにティッシュで拭いたとしても、色落ちは避けられません。
こうした場合はプロに革を洗浄してもらい、補色すれば目立たなくできることがあります。
または、革靴のポリッシュ膜まで除去し、それから革靴用クリームを塗る方法もあります。
なお、アルコールを落とした部分に処理をせず、クリームを塗布すると染みがより鮮明になることがあるので要注意です。

革靴にアルコールをかけてしまうリスク

新型コロナ感染症対策としてアルコール消毒が推奨され、それに伴って革靴にアルコールをかけてしまったという事例が急増しました。
新型コロナが普及する前はこうしたトラブルはほとんど起こらなかったため、対処法がわからず自己流の方法で解消しようと考える方が大勢いたのです。
ただ、革製品は非常にデリケートで、また染みの状態によって適切な対処方法が変わってくるので、自分では対処せずに靴専門店に持ち込みましょう。
ただし、染み抜きには高度な技術が要求されるため、1万円程度かかることがあります。
安価な靴であれば買い替えたほうが安くつく場合があるので、靴への愛着や費用対効果などを考えて決めてください。

染みを水で馴染ませる方法

革靴磨き,イメージ

染みがそれほど大きくなければ、脱脂綿に水を含ませてアルコールをかけた部位に押し当てることで、目立たなくできることがあります。
これは染みを消すというよりも、薄くして目立たなくさせる処置です。
元通りにすることは困難で、靴の種類によっては余計に目立つようになるケースがあります。
そのため、高額な靴、大切な靴などは自分で対処せず、必ずプロに任せましょう。

まとめ

まとめ,イメージ

革靴はアルコールにより大きなダメージを受けます。
油分や染料が抜けてしまい、染みができてしまうのです。
自分で染みを抜くには水で馴染ませる方法がありますが、きれいに仕上がるとは限りません。
革用クリームで磨く方法も、より目立たせる可能性があるので避けましょう。
革製品は非常に繊細で、ポリッシュ膜まで削ってから処理するなど、専門的な処置を求められます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社chest pass 人とモノを繋ぐモノ創りのコングロマリット

〒658-0052
兵庫県神戸市東灘区住吉東町3丁目3-2
TEL/FAX:078-955-8895/078-762-7090
MOBILE:080-3784-5005

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載を禁じます】