靴のプレゼントは気を付けるべき?プレゼントに込められた意味

プレゼント,イメージ

靴のプレゼントをもらったら、あなたは嬉しいですか。
また、家族や親族、友人や恋人、会社の同僚や部下などへのプレゼントとして、靴を贈りたいと思ったことはありますか。
この記事では、靴のプレゼントに込められた意味をご紹介します。

靴をプレゼントされたら嬉しい?

プレゼントを渡す,イメージ

もし、あなたが知り合いから靴をプレゼントされたら嬉しいですか。
「高級ブランドの靴なら嬉しい。」、「自分で買えないような高級靴なら嬉しい。」、「ずっと欲しかった靴なら嬉しい。」という条件付きの方が多いのではないでしょうか。
一方、「適当なサイズで選ばれても困る。」、「サイズが合わないと履けないから困る。」、「靴は自分で試着してから買いたい。」という方も多いはずです。
サイズが合っていても、ワイズや形などによって履きにくい場合もあります。
そのため、靴をプレゼントされても、ちょっと迷惑に感じる方もいるかもしれません。

ネガティブな意味を持つ靴のプレゼント

靴をプレゼントすることには、実は意味があります。
といっても、言い伝えですが、もし意味を知らない人から言い伝えを信じている人に贈ってしまうとトラブルのもとです。
喜んでもらえると思ったのに、不快な思いをさせることもあるので気を付けましょう。

・私のもとから去れ

靴は遠くへ歩く道具であることから、靴のプレゼントには「私のもとから去れ。」、「この場から去れ。」という意味があると言われます。
そのため、夫婦や恋人同士の間で贈り合うのは不吉です。
社長から部下に贈られても、ちょっとイメージが悪いです。

・侮辱や軽蔑

靴は体の一番下に身に着け、地面を踏みつぶすものであることから、相手を「見下す。」、侮辱や軽蔑の意味があるとも捉えられています。
そのため、目上の方やお世話になった方、上司などへのプレゼントには避けたいところです。

ポジティブな意味を持つ靴のプレゼント

ポジティブ,イメージ

一方、靴のプレゼントにはポジティブな意味もあります。

・新しい場所へ導いてくれる

一つは「新しい場所へ導いてくれる」という意味です。
転職が決まった方や人事異動で新たな部署、転勤をする方への餞別としてなら、この意味を込めてのプレゼントもありかもしれません。

・新たな門出を祝う

新しい場所へ連れて行ってくれる靴は、新たな門出を祝うという意味もあります。
この意味を込めるなら、就職する新卒生に革靴をプレゼントすることやお子様やお孫さんの入園や入学祝いに革靴や運動靴など、学校に履いていく靴をプレゼントするのは良さそうです。

靴のプレゼントの仕方

ネガティブな意味と、どちらに捉えるかわからないので、プレゼントするのは難しいと思われるかもしれません。
靴は合う、合わないもあり、ベストなのは実際にフィッティングをして選ぶことです。
そのため、入学祝いや就職祝いなど門出のプレゼントに靴を贈りたい場合は、お子様やお孫さんと一緒に靴屋に出かけて買ってあげるか、オンラインショップでこれが欲しいというものを買ってあげるといいでしょう。
いきなりプレゼントされると意味を勘違いする方もいるかもしれませんが、本人に「お祝いだから、好きな靴を買ってあげよう。」といえば悪い気はしません。
素直に喜んでくれ、大切に履いてくれるはずです。

まとめ

まとめ,イメージ

靴のプレゼントには実は意味があります。
ネガティブな意味として、「私の元から去れ。」、「見下す。」といった意味があります。
夫婦や恋人どうし、会社の上司と部下などの間では、プレゼントは避けたほうがいいかもしれません。
一方、ポジティブな意味もあります。
「新しい場所に導いてくれる。」、「新たな門出を祝う。」といった意味です。
転職や就職、進学のお祝いには靴のプレゼントも良さそうです。
ただし、サイズの合う合わない、意味をネガティブに捉えられるおそれもあるので、本人に選んでもらい、買ってあげるのが良いかもしれません。

以上、靴のプレゼントの意味ついてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社chest pass 人とモノを繋ぐモノ創りのコングロマリット

〒658-0052
兵庫県神戸市東灘区住吉東町3丁目3-2
TEL/FAX:078-955-8895/078-762-7090
MOBILE:080-3784-5005

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載を禁じます】