乳化性クリームを使った革靴のメンテナンス方法について

革靴のメンテンナンスでクリームやクリーナーを使ったことはありますでしょうか。

靴を柔らかい布で拭いたりされる方は多いと思いますが、ブラッシングやクリームを使ったメンテナンスはあまり一般的ではないのかもしれません。

今回の記事は、乳化性クリームを使った革靴のメンテナンス方法を分かりやすくご説明していこうと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください。

まずは乳化性クリームについて

乳化性クリームは、ロウ油分などの有機溶剤をあわせたものになります。

革靴に塗る目的としては、皮に水分や油分を与えることで乾燥を防ぎつつ栄養を与えることです。

革靴特有の艶や色合いを維持するために必要なクリームになります。

手順1 シューキーパーを革靴に入れる

シューキーパー

革靴にシューキーパーを入れますと、靴の形がしっかり元に戻り手入れがしやすくなります。

シューキーパーを入れずに力強く拭き上げをしてしまうと、ひび割れの原因になってしまう可能性もあります。

シューキーパーをお持ちの方は、ぜひ使って手入れをしてみてください。

お持ちではない方は、革靴の中に利き手とは逆の手を入れて作業をするとやりやすいと思います。

手順2 馬毛ブラシでブラッシングする

ブラッシング

馬毛ブラシで革靴全体をブラッシングしていきます。

ほこりや塵を革靴から落とす作業になりますので、ごしごしとしっかりブラッシングしてください。

ブラッシングを行うだけでも靴の発色が良くなります。

靴の手入れはあえてブラッシングしか行わない方もいるともいわれるくらい大切な基本の手入れになります。

手順3 クリーナーで汚れ落とし

クリーナー

クリーナーで汚れ落としをする理由は、古くなったクリームや汚れを取り除くためです。

クリームや汚れが半年以上そのままになってしまうと取りにくくなってしまいます。

クリーナーでの手入れのし過ぎもよくはありませんので、革靴の状態を見て適切に行う必要があります。

日数の経過だけでクリーナを使うのではなく、履いた頻度や雨の日に履いたかたなどを考えてクリーナーを使うのが良いでしょう。

クリーナーの使い方は、柔らかい布にほんのすこしクリーナーをつけて優しくなでるように汚れを取っていきます。

柔らかい布は、指にねじって巻き付けると作業がしやすくなります。

手順4 乳化性クリームを塗っていく

乳化性クリームを塗る

ブラッシングやクリーナーで汚れを落とした後は、乳化性クリームを塗って革靴をいたわっていきます。

つまさきと甲、右側面、左側面、かかとの4か所に分けて塗っていくとムラなく塗りやすいです。

塗付用のブラシに1箇所米粒1粒分乳化性クリームを取り、塗り広げていきます。

塗り広げられますと次は豚毛ブラシでよりなじませていきます。

豚毛ブラシ

馬毛ブラシと同様にしっかりとブラッシングしていきます。

豚毛ブラシでブラッシングをするとなじみやすい以外にも余分なクリームを取り除くといった効果もあります。

手順5 柔らかい布で乾拭きする

仕上げは柔らかい布でも乾拭きです。

髪の毛にも使うワックス同様、乳化性クリームはしっかりと伸ばすと艶がでてくるようになります。

そのため磨いていくといった表現でも適切かもしれません。

今回は、グローブクロスという道具で磨いていきます。

グローブクロス

グローブクロスは手でダイレクトに磨いていけるため、磨き作業がしやすいです。

磨き上げるとこのように革靴に艶が出てきます。

靴磨き後

何とも言えない皮独特の艶感が写真でも伝わると思います。

ぜひ皆様も靴磨きをされて靴の風合いをお楽しみ頂けたら幸いです。

以上、乳化性クリームを使ったメンテンナンスついての記事でした。

最後までお読みいただき大変にありがとうございました。

株式会社chest pass 人とモノを繋ぐモノ創りのコングロマリット

〒654-0042
兵庫県神戸市須磨区小寺町1丁目1-33 ラクダビル B棟305号室
TEL/FAX:078-955-8895
MOBILE:080-3784-5005

Copyright © chest pass All Rights Reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載を禁じます】

革靴のメンテナンス頻度はどのくらいがベストか?

メンテナンス,イメージ

革靴を買ったもののメンテナンスの仕方が分からないといったご相談をよく頂きます。

今回は、そんなご相談を解決するご説明の記事を書かせて頂きました。

chestpassの革靴を買っていただいたお客様はもちろんのこと、革靴を持っているが手入れの仕方が分からない方もぜひ読んで頂けますと幸いです。

革靴のメンテナンス頻度

極端な話をしますと革靴は1日履くだけでもブラッシング乾拭きをしたほうが良いとされています。

ブラシ

ほこりやちりなどが革靴の表面に付いていると見た目も悪くなりますし、皮を乾燥をさせてしまい劣化させてしまう原因になります。

手順としましては、

①シューキーパーを革靴に入れる。

②馬毛ブラシでブラッシングを行う。

③柔らかい布やグローブクロスで乾拭きをする。

といった順番になります。

馬毛ブラシなどの道具をお持ちでない場合は、柔らかい布で革靴を拭いて頂くだけでも時間が経つにつれて違ってきます。

お仕事で忙しい方ですと日々のメンテンナンスは難しくなってくるときもあると思いますので、休日に気分転換で靴磨きをされてみるのはいかがでしょうか。

月に1度は行いたいメンテンナンス

月に1度と見出しに書いておりますが、使用頻度でいいますと10回靴をお履きになりましたらメンテナンスをおすすめしております。

月に1度のメンテナンスは、乳化性クリームというものを使い、革靴に潤いを与えて艶を出していきます。

乳化性クリーム

お持ちの革靴の色に合わせて乳化性クリームをご利用して頂けたらと思います。

乳化性クリームを使った手順は、

①シューキーパーを革靴に入れる。

②馬毛ブラシでブラッシングを行う。

③クリーナーを使って汚れを落とす。

④乳化性クリームで潤いを与える。

⑤豚毛ブラシでクリームをなじませていく。

⑥柔らかい布で乾拭きする。

といった流れとなっております。

乳化性クリームを使いますと革靴のひび割れを防ぐことができ、長く綺麗な状態を保つことができます。

乳化性クリームは1000円~が値段の相場となっておりますので、革靴をお買いの際にまとめて購入されるのも良いかと思います。

3ヵ月を目途に行いたいメンテナンス

新しい革靴を履き始めて3ヵ月を経つ頃ですと、鏡面磨き(ハイシャイン)をすると丁度良いと思われます。

また別名でミラーシャイン、スーパーシャインなどとも呼ばれています。

鏡面磨きをする際は、油性ワックスというものを使って磨いていきます。

当社の製品のoldmanは鏡面磨きをしなくてもよい仕様となっておりますので、あまりお気にされなくても問題はありません。

oldman

履き始めて3ヵ月以上経ちますと、内側の汚れなども出てきているかと思いますのでホコリを優しく取り出したり除菌スプレーなどでメンテナンスすると良いかと思います。

鏡面磨きは、長く履き続けるためのメンテナンスというよりも光沢を出すための手入れになりますので必ずしも行わなければならないという訳ではないのです。

長期間履いた皮靴のメンテンナンス

靴底は履けば履くほどどうしてもすり減ってしまいます。

そのため、長い期間革靴を履き続けるにはソールのメンテナンスも必要となってきます。

ソール

ソールが大きくすり減ってしまった場合は、ソール全体を張り替えるオールソールという修理をする必要があります。

靴の製法によってオールソールができる回数は異なります。

オールソールできる回数は、一般的には3回~6回までとされています。

ソールのメンテナンスは、オールソールをするまでの期間を延ばすことにも繋がるため、靴を長く履くためには行っておきたいメンテナンスともいえます。

ご自身でできますソールのメンテナンスの手順は、

①シューキーパーを革靴に入れる。

②ソールの裏面のブラッシングを行う。

③クリーナーを使って汚れを落とす。

④乳化性クリームで潤いを与える。

⑤柔らかい布で乾拭きする。

といった手順になります。

長い期間、革靴を履いたとお感じになりましたらぜひソールのメンテナンスをしてみて頂けたらと思います。

おわりに

革製品はメンテナンスをしていくにつれて味がでてきますし、愛着が湧いてきてより大切にしようと思えてきます。

年数によって表情が変わってくる趣をぜひお楽しみ頂けたらと思います。

株式会社chest pass 人とモノを繋ぐモノ創りのコングロマリット

〒654-0042
兵庫県神戸市須磨区小寺町1丁目1-33 ラクダビル B棟305号室
TEL/FAX:078-955-8895
MOBILE:080-3784-5005

Copyright © chest pass All Rights Reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載を禁じます】